日常

日常生活で覚えておきたい事を再確認!

普段、何気なく生活をしていると気にならないものですが、いざという時に正しいマナーが身に付いていないと恥ずかしい思いをするものです。
どんな時であってもTPOに応じたマナーを習得しておくことは、社会人の一員として当然の事だという認識を持つことが大切です。
ここでは日常生活で把握しておくべきマナーについてご紹介しています。
実生活でも知っておくと必ず役立つ内容を随時更新しています。

訪問のマナー

知人の家に招かれて訪問する機会はよくあるものですが、正しいマナーを把握していなければ相手に失礼をすることになり、嫌な気持ちにさせてしまうかもしれません。
特に自分よりも目上の方に招かれて家に訪問する際には、社会人なのにそんな常識も知らないのかと呆れられる可能性もあります。
自分がどのような立場であったとしても、恥ずかしい思いをすることがないようにしっかりと訪問時のマナーについて確認しておくことが大切です。

レストランでのマナー

今日はいつもよりも高級な料理を楽しみたいという場合には、高級レストランに出かける方も多いはずです。
ファミリーレストランのように家族揃って気軽に入店できる場合はさほど問題視されませんが、高級レストランになると服装からきちんと考えなければ入店をお断りされてしまうケースもあります。
例えば、ボロボロにダメージ加工されたジーンズを着用していた場合は、店内の雰囲気に相応しくないとされてお断りされるケースがあります。
よほどのことがない限りは入店できないという事態にはなりにくいですが、一般常識とかけ離れた行為をしているとお店側から嫌な顔をされてしまうのは当然です。
同席しているお相手にも恥をかかせてしまうことになるため、服装以外にも気をつけたいマナーについて確認しておきましょう。

レストラン

演奏ホールでのマナー

芸術を楽しむために演奏ホールの出かける場合、他の人に不快な思いをさせることがないように十分注意しなければいけません。
自分では普通に鑑賞していたつもりでも、他の人にとっては迷惑行為と受け取られてしまう場合があるため気をつけたいものです。
演奏ホールで特に注意したいのは開演前後のタイミングでどのような行動をとるべきかという点です。
もちろん公演中にも守るべきことがいくつかあります。

喫煙のマナー

タバコは体に害をもたらすという認識が一般常識になっている中で、愛煙家は肩身を狭い思いをしているのではないでしょうか?
しかし、タバコを吸わない方にとってはタバコの煙が近くを漂っていることがとても不快に感じられるものです。
タバコを吸う際には周囲の人に十分配慮しなければいけません。
好き勝手にところ構わずタバコを吸うことがないように注意してください。