オフィスランチのマナー

同僚の迷惑にならないように気をつける

最近は昼食をもっぱらオフィスランチにしているという方が増えています。
昼食代を浮かすためという目的や、健康を考えて手作り弁当にしたいとの目的でお弁当を持ってくる方が多いです。
お弁当が間に合わなかった人はお弁当を買ってきて会社で食べるという方もいます。

お弁当

会社でランチをとるのは決して悪いことではありませんが、あくまでも仕事をする場所であるのを忘れてはいけません。
会社の中に食堂や休憩室として別室が用意されている中でランチをとるのは全く問題ありませんが、仕事をするオフィス内でランチをとる場合は周囲に気を配る必要があります。
具体的にどのような点に配慮するべきなのか確認しておきましょう。

参考:フレッシャーズ向け!デスクでランチするときのマナー

オフィス内に臭いが充満!

オフィスランチのマナーとして最も注意したいのが、お弁当の臭いです。
お弁当のフタを開けた途端に、オフィス内に臭いが充満してしまうと周囲の人に迷惑がかかってしまいます。
ランチタイムは一斉に食事をとるわけではなく、あなたが食事中でもまだ仕事をしている方がいるはずです。
仕事をしている最中にお弁当の臭いが漂ってくると、余計にお腹が空いてしまいますし、嫌な臭いだと不快に感じられます。
どのような内容のお弁当でも、少なからず臭いが漂ってしまうものなので、オフィスの中で食事をする場合は十分注意してください。
例えば、窓を開けながら食べるようにしたり、換気扇や空気清浄機を使ってできるだけ臭いが室内にこもらないように配慮してください。

特に注意したいのは食べ残しです。
もう食べきれない、自分の口に合わなかったなどの理由で食べ残したままオフィス内のゴミ箱などに放置していると、臭いまで残ってしまう可能性があります。
余計な臭いを残さないためにも、食べ残しをしないで全て食べきってしまうようにしましょう。
どうしても食べ残す場合は、生ごみを捨てる場所にきちんと廃棄するように心がけてください。

デスクを汚さないように要注意

今日はお弁当を作る暇がなかったから、カップラーメンで済ませようとしてオフィス内で食べている方もいますが、十分注意しなければいけません。
オフィスの中には大事な書類が机に上がっていたり、精密機械であるパソコンがたくさん存在しています。
そのような環境内で汁気が多い食事はできるだけ避けたいものです。

また、ポロポロと食べかすが落ちるような食事を選ぶのも避けたいものです。
食事の後に掃除をする手間が余計にかかってしまったり、書類などを汚してしまう原因にもなります。
机の下にまでこぼしてしまい、あまりにもだらしない仕事場になってしまう可能性があります。
その後の仕事に支障が出ないようにするためにも、机の上を汚さないように配慮して食事を摂りましょう。